ブライダルローン審査のみんなの通らないって?

ブライダルローンありきで結婚式

結婚資金と言うと挙式や披露宴など100万から500万程度のお金が必要になります。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査のハードルは高くなっています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書なども必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制が適用された場合は年収が750万円から1
050万円必要になる計算です。

若い人はそんな収入はないでしょうし、このままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行なら貸金業法は無関係となりますし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが早く新婚生活をスタートさせたいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待者が70人だと、ご祝儀の総額は210万円で90万円の赤字になってしまいます。

300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われていますが残りの55%は一括返済できなかったということですので、あてにするのはやめましょう。

ブライダルローンというものは結婚に限定した目的別ローンですから結婚関連以外の使い道は認められていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローンの資金用途は

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですがお金の使途に関する制限というのは、実は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例えば、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れはNGですしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く借入限度額が大きいに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!楽天銀行ではブライダルローンを提供していて楽天会員や楽天銀行に口座をお持ちであれば簡単に手続きすることができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行からローンを組む際に気を付けることは仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合は融資実行後は領収書や振込控の写しなど支払が確認できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多く学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないためすべては用途が自由なフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、消費者金融のカードローンだと、初回の借入額は数十万円が限界です。

ブライダルローンは結婚に関した出費にしか利用できないという制限がありますが結婚式や披露宴以外にも新婚旅行や新居の購入や賃貸費用にも用途が認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

普通、住宅ローンの頭金はたくさんあればあるほど良いとされていて物件価格の2割から3割用意しておくのが理想的と言われています。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますので簡単に用意できる金額ではありませんよね。

そこでブライダルローンの登場です。

ブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金に回すことで低金利での資金調達が可能となるのです。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類は本人確認書類や収入証明書などです。

勤続年数や雇用形態を融資条件にしているところも多く勤務証明書が必須というところもあるようです。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

既に支払い済みの場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。