ブライダルローン審査のは通らないのか?調べてみた

ブライダルローンが使いやすいわけ

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

例えば、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れはNGですしジャックスの場合は、挙式と披露宴含まれていればそれ以外の費用にも利用できるとされています。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

キャッシングを利用している人はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがすでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますのでそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントになるのは、借主に返済能力があるかということで本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀の収入を当てにしていても結婚式は赤字になるのが一般的で、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字になると言われています。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが逆に信用情報がないということで、落とされる可能性があります。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に支払ってしまっている場合はローンの対象外になることがありますので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場やなどの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローンの返済額は

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長で4年です。

本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しが必要となるほか又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度の源泉徴収票などの所得証明書類の提出が必要になります。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から見ると銀行のブライダルローンのほうが魅力的ですがクレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

その中でもおすすめなのが、ジャックスの「プレシャンテ」です。

金利は6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円なので銀行よりも条件が良く、しかもクレジット対応なので口コミ評価はおおむね好評のようです。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式費用だけでも相場は300万円と言われていますからそこから月々の返済額や借入金利をシミュレーションしてみます。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

ギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。