ブライダルローン審査が通らない件の真偽は?

ブライダルローンは消費者金融がよい?

ブライダルローンを組む時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

そのほか、勤続年数や雇用形態を融資条件として加味している所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローン対象外になってしまう場合がありますので、支払う前によく確認しておきましょう。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円のため、すでに楽天スーパーローンを300万円借りているという人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないためすべては用途が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

ブライダルローンも基本的にはカードローンと同じですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

ブライダルローンの限定額は

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外の使い道に利用してはいけません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで許可されている使い道には挙式・披露宴や衣装のほかにも新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

フリーローンと異なる点は使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書や振込控えなどの写しを提出を求められる場合もあります。

オリコが提供するブライダルプラン(ブライダルローン)は貸付利率は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円となっています。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長7年の期間がありオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

また、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行の場合でも、1人当たりの貸付総額というものが設定されている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられないというデメリットもあります。

ブライダルローン組む際に1番ポイントとなるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?全国的にみて一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の15.1%を占めており2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「さずかり婚」の場合だと、出産費用や乳児用品の購入費も必要となりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

300万円かかった結婚式を、ご祝儀で全額回収することは厳しいといわれており1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できれば300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人は45%だそうで