ブライダルローン審査期間はどれぐらい?

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ

ですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンというものは、低金利で数百万ものお金を融資してくれるわけですからカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

これまでに滞納履歴や債務整理があったり数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いのでご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀で返済しきれない場合は返済シミュレーションをしっかりし、着実に返済していきましょう。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制を計算すると、750万円から1
050万円の年収が必要になる計算です。

これから式を挙げようとする若い人はそんな年収はない人が大半でしょうしこのままでは結婚式を挙げられないのでは?と不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプのブライダルローンは6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面では銀行のブライダルローンのほうが圧倒的にお得に思えますがクレジット会社でも銀行なみに低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品

ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下であったり、勤続年数が1年未満、非正規雇用などと言う場合が多いです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますがお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは使い道を限定することで低金利になる目的別ローンでありリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンで認められた使い道には挙式・披露宴や衣装、引き出物に関する費用や新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明する書類を必要になることです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

一部の銀行カードローンや消費者金融には無利息期間が設けられていたりしますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

申込条件は満20歳以上で安定した収入がある人で、収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長で84か月あり、融資金額が50万円以下の場合は最長で4年です。

本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しが必要となるほかブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

また、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。